[ORIGINAL STORY] 恋しくて 貧乏ひまわり

貧乏ひまわり

貧乏ヒマあり★陽だまりで悪魔が笑う…運も実力のウチなのさ☆

恋しくて①a 

夜空に煌く星たち 煌きは星の涙
それぞれが悲しげに
「私はココにいるよ」と叫んでいる
どの星も みんな孤独
仲睦まじく寄り添って見える星さえも
本当は互いを知らない

満天の星空を見上げて泣いていた
「貴方は何処にいるの」

★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

「此処よろしいですか?」
窓の外を見ていた私は声の主の方へ視線を移した。
「あ…」
「こんばんは」
そう言って向かいの座席に腰掛ける人を私は知っている。
「奇遇ですね」
同じ趣味を持ち何度か隣り合わせた事が有った。
「こんばんは。今、御仕事の帰りですか?」
「そうです」
「電車で通勤されてたんですね。てっきり、お車かと」
「いえいえ、普段は徒歩ですよ」
「え?」
「単身赴任で寮というか1ルームに一人暮らしなんですよ」
「あら?じゃあ今日は…?」
「3日ほど休みが取れたんで家族を連れて海にでも行こうかと」
「久しぶりの御自宅なんですね」
「そうですね。かれこれ…」
日数を数える素振りで空[くう]を見上げた後、視線を戻し
返事を待つ私をまじまじと見つめる。
見つめられるのは苦手だ。胸が苦しくなる。

「昨日ぶりです」
「へ…? あははははっ」
「仕事で自宅近くまで行ったんでチョッと昼寝しに…はははっ」
面白い人だ。

「ご旅行ですか?」
ふいに聞かれて私は戸惑った。
「あ、すみません。無理に答えなくても良いですよ」
終電に近い時間。買い物で無いことくらいは彼も察しているはず。

「妹のところまで…まだ連絡はしてないんですけど」
「妹さんですかあ、私には兄がいます」
「意外です。面倒見の良い長男って感じがしますよ」
「いやいや、自由奔放な三男坊です」

取り留めも無い会話に心が和んだ。
家族以外の誰かとこんなに話したのは何年ぶりだろうか…
窓の外に広がる夜の静けさが切なくて涙が零れそうになる。

「きゃっ!」
すれ違う列車の風圧に驚き目を伏せる。
そして、涙を悟られないよう指先で そっと目頭を押さえた。

「大丈夫ですか?ビックリしましたねぇ」
「えぇ、ほんとに…」

私の肩に手を置き心配そうに覗き込む人
その優しい瞳に吸い込まれそうな感覚に襲われる

まるで時が止まったかのように見つめ合う二人。

肩に置かれた手の温もりを感じ
僅かに引き寄せられたかのように思えた瞬間
終点を告げるアナウンスと共に列車はホームに滑り込んだ。

♥♥♥ 応援 ありがとうございます!♥♥♥
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
FC2 ブログランキングへ

恋しくて①b 

【恋しくて】を初めて御覧になる方は【恋しくて①a】を是非、先に☆


風そよぎ揺れる樹木の枝葉 
萌(もゆる)緑は我の想い
儚き君を この胸に抱きしめんとす

愛しき小鳥 我にとまりて歌え
憂いを取り去り 夢に集え
闇に怯えて泣かぬよう

黄金の月 蒼銀の星達よ 
我を照らせ 道標とならん
迷いし者が明日に辿り着くまで

涼しき風よ 花を抱いて踊れ
小鈴を鳴らし 愛を伝えん
君を想いし者が此処にいると

★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

最初に『月に兎が居る』と言い出したのは誰なのだろう

月を見上げて ふと、そう思った。
青白く妖しい月…

(ヤバッ!)
遮断機が鳴り始めたのが聞こえて慌てて駆け出す。

「あれ?」
踏み切りを渡る途中、ホームの端に空を仰いで佇む人影が見えた。

切符を買い、階段を駆け上り、そして駆け下りると同時に
電車が、ゆっくりとホームに入ってきた。

(ハァ…ハァ…)

ドアのそばに立ち、息を整えながら俺は
さっきの見覚えの有る人影のことを考えていた。

(こんな時間に、なぜ?)
彼女の住まいは駅から徒歩10分ほどの所だと聞いている。
マイカーを所有している彼女がわざわざ電車に乗って買い物?
まさか、それは無いだろう

次の駅で快速の接続が有る。
彼女は自分と同じようにそれに乗るのだろうか
いや…終点ならば、わざわざ後ろの車両に乗りはしない


乗っていた鈍行が停止して乗客を吐き出す。
改札に向かう者たちと快速待ちをする列に加わる者たち。
自分もホームに降りて、その列の最後に並ぶ

ほどなくして快速電車がホームに入ってきた。
車内で快速待ちをしていた客がホームに降りてくるが
彼女が乗った車両から外に出てくる人影は無い

次の快速停車駅までは4つ。
きっと彼女は、そのいずれかの駅で降りるのだろう

目的地へ急ぐ人々を乗せ快速電車は走り出した。
俺は…
(別に急ぐ必要も無いさ…)
快速電車を見送り、改札に向かう人の流れに逆らって歩き出した。

それほど親しくもない彼女が気になるのは何故なのか
いつも屈託の無い笑顔を見せている彼女が
何処か悲しげに見えたのは月の光のせいだろうか

6両目の一番奥の席に彼女は座っていた。
窓の外を見る横顔が やはり何処か悲しげに見える…

「此処よろしいですか?」

俺は彼女の向かいの座席に腰掛けた。
「奇遇ですね」
そう言う自分のセリフが空々しく思えた。
(奇遇だって?彼女が気になって乗るべき快速を見送ったくせに…)

「こんばんは。今、御仕事の帰りですか?」
彼女は俺が知っている何時もと変わらない笑顔で話しかけてきた。
「そうです」
「電車で通勤されてたんですね。てっきり、お車かと」
「いえいえ、普段は徒歩ですよ」
「え?」
「単身赴任で寮というか1ルームに一人暮らしなんですよ」
「あら?じゃあ今日は…?」
「3日ほど休みが取れたんで家族を連れて海にでも行こうかと」

在り来たりの、何でもない会話が進む。

「久しぶりの御自宅なんですね」
「そうですね。かれこれ…」

日数を数える振りをして空[くう]を見上げた後、視線を彼女に戻す
返事を待つ彼女の上目使いの眼差しが可愛く思え見入ってしまった。

「昨日ぶりです」
「へ…?」
ハトが豆鉄砲を喰らったような顔を見せた後
彼女はケラケラと笑い出した。
「あははははっ」

4つ目の駅を過ぎても彼女は降りなかった。

「ご旅行ですか?」
笑顔が消え去り戸惑いの表情を見せる彼女に俺は焦った。
(しまった…余計なことを…)
「あ、すみません。無理に答えなくても良いですよ」
少し間が有ったが彼女は答えてくれた。
「妹のところまで…まだ連絡はしてないんですけど」

「妹さんですかあ、私には兄がいます」
「意外です。面倒見の良い長男って感じがしますよ」
「いやいや、自由奔放な三男坊です」

彼女に笑顔が戻り、ほっとする自分が居た。

取り留めも無い話を続けながら俺は彼女を見ていた。
飛びぬけて美しいとは言えない顔立ちと肉感的な体つき
そんな彼女に妙に惹かれてしまうのは何故なのだろう…


「きゃっ!」
窓の外を見ていた彼女が
すれ違う列車の風圧に驚き反射的に身を捩った。
そのままバランスを崩すのでは無いかと思い
咄嗟に彼女の肩を掴んで支えようとした。
(え?)
意外だった…
思ったよりも彼女の肩は女性らしく華奢に感じられた。

指で目を押さえ俯いたままの彼女。
目に何か入ったのかと心配になり覗き込んだ。

「大丈夫ですか?ビックリしましたねぇ」
「えぇ、ほんとに…」

そう言って俺を見る彼女の瞳は潤み目の端に光る雫を携えていた。
その瞳に映る自分…全てを見透かされいるようにさえ思えた
彼女の何かを言いたげな唇が俺を誘う

年甲斐も無く高鳴る鼓動、耐え難い衝動にかられ
思わず彼女の肩に置いた手に力を籠めた…その瞬間
終点を告げるアナウンスと共に列車はホームに滑り込んだ。

♥♥♥ 応援 ありがとうございます!♥♥♥
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
FC2 ブログランキングへ

恋しくて② 

【恋しくて】を初めて御覧になる方は【恋しくて①a】を是非、先に☆
  合わせて【恋しくて①b】も☆

★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

「あ…あの…?」

「ハア…ハア…もう電話しちゃいました?」
彼は私が持つ開いたままの携帯に視線を落として尋ねた。

「いえ…まだですが…?」
そう答えると彼は私の左手を両手で包むようにして携帯を閉じた。

「行きましょう」
「え?」
返事を待たずに彼の手が私の背中をそっと押す
少し強引とも取れる彼の行動が今の私には心地よかった。

♥♥♥ 応援 ありがとうございます!♥♥♥
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
FC2 ブログランキングへ

恋しくて③ 

※カテゴリーの【恋しくて】をクリックすると古い順に並んでいます。
【恋しくて】を初めて御覧になる方は是非、【恋しくて①a】から先に☆


★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

子供が悪戯を仕掛ける時のような微笑みを浮かべて私を見つめる人

「…あっ!」
「ん?」
「おデコに何か書いて有りますよ」
「え!?」
慌てて額に手をやる彼に私はバッグから小さな手鏡を出して渡した。
「どうぞ」
「ありがとう」
不安げに鏡を覗き込む彼に私は笑いをこらえながら訊ねた。
「どう?見えました?」
「いや…何も」
「そんなはずは無いでしょ。ハッキリ書いて有りますよ」
「どこに?」
「ほら、ココに大きく…」
私は身を乗り出して向かいに座る彼の額を指差して言った。

♥♥♥ 応援 ありがとうございます!♥♥♥
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
FC2 ブログランキングへ

恋しくて④ 

※カテゴリーの【恋しくて】をクリックすると古い順に並んでいます。
【恋しくて】を初めて御覧になる方は是非、【恋しくて①a】から先に☆


★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆=★=☆

手首に残る彼の手の温もり。
私の心臓は未だ ときめいていて
少しも酔ってはいないのに紅く上気した頬
(何を期待しているの?)
染まった両頬を手で覆いながら鏡に顔を近づけてみた
化粧室の照明はフロアとは違って明るく
鏡は見たくない現実を映す。
(老けたなあ…)
そっと薬指で目尻を持ち上げるように押さえても指を離せば
四十に近い肌は抵抗する事も無く素直に重力に従ってしまう…
化粧っ気の無い顔。素肌だけが自慢だったのに
いつの間にか出来てしまってるシミが肌の老化を物語る。
(眉の手入れをしたのはイツだったっけ?髪もボサボサだわ…)
ヘアクリップを外し、髪をまとめ直そうとした時
ふいにバッグの中の携帯が震えメロディがメールの着信を知らせる。
(こんな時間に誰から?)
携帯を取り出し確認をすると懐かしい名前が表示された。
(春樹さん!?)
『まだ起きてる?今、電話して良いかな?』
もしも、このメールを妹の家で受け取っていたなら私は即座に
『うん、いいよ』 と返信していたに違いない。
だけど今は…

『ごめんね、今日は…』
と返信を打っている途中で"彼"専用の着信音が鳴り始めた。
(どうしよう…)
頻繁にかかってくる相手なら後日『寝ていたの』で済ませられる。
けれども春樹さんから掛かってくることは年に数回しか無く
私からは掛けることが出来ない相手…いや違う…そうじゃない
過ぎ去った遠い日に戻ってしまう自分が怖くて掛けられないだけ

携帯を握り締めて今にも泣き出しそうな顔をした女が鏡の中にいる
どちらに進むのも怖くて立ち止まってしまった迷い子のように見えた。

鳴り続ける着信メロディ…思い出の詰まった曲
今、電話に出なければ二度と彼の声が聞けない気がした。
そして、ほんの一瞬、それでも構わないと思った。

だけど…

♥♥♥ 応援 ありがとうございます!♥♥♥
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村
FC2 ブログランキングへ

来訪者総数


現在の閲覧者数:

FC2 ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 パチンコブログ 女性パチンカーへ
にほんブログ村

七曜表と過去記事
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -






綾生ネームバナー1
記事分類
今日の運勢
結構、当たる?


開運グッズも色々有るけど
私はブレスレット派
でも、身に付けるのは稀
普段は、財布に入れてるだけ
お財布…そろそろ新調したい




パワーストーン|ヒラオカ宝石

お水!
母が言うんですよ。

電気ポットのお湯が減ったら
勝手に足し水してくれると
本当に楽なんだけどねぇ…


というわけで検討中
   ↓↓
収支表
公開できる日は来ない?



ぱちんこ台
 大好きまた打ちた~い!

CR冬のソナタ

CRベルサイユのばら3
薔薇は美しく散る

CRA花満開

CR村松誠コレクション


CRエイリアンVSプレデター

断捨離



♥☆♥